ブラスの響き

アクセスカウンタ

zoom RSS ブ−タン王国 その3

<<   作成日時 : 2005/06/01 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブ−タンの話がなかなかアクセス状況が良いので、さらに続けます。ブ−タンの民族衣装は男性用の「ゴ」と女性用の「キラ」がある。イメ−ジとしては、男性の下は黒のスウェットに上着は日本の「じんべ」を厚手のシルクでこしらえたような感じです。また、帯の前に襟を深めに出し、懐に物を入れられるよう着方の工夫もされています。女性は着物のような感じのベ−スにきらびやかな上着を羽織った感じでしょうか?国民意識を高めるために、原則この衣装を着るように定められいたと思います。それでも若者は、西洋文化へのあこがれもあり、下着代わりにTシャツを来て「ゴ」をあおってTシャツ姿で過ごしている人も多々見かけました。自分も街で「ゴ」を購入し、来てあるいているとブ−タン人にしか見えないようで、日本語を話していると人々が振り返って見ていました。当時の王族の公用車はトヨタのランドクル−ザ−。性能と空間重視と言ったところでしょうか?運転免許の資格は結構厳しいようでした。何分整備工場なんてないのですから、自分で直せる位の知識が必要だと言う噂も聞きました。王族が通るときはわかるらしく、脇によけて頭を下げて通過を待つといった様子です。ホテルの食事は、日本人にも充分合います。シェフは海外で修行を積み観光客に向けの味付けをするそうです。驚いたのは、現地のガイドさんが食事の席で、青唐辛子と塩を注文し生で塩を付けて食べていたことです。本人いわく「体に良くないのは分かっているが、やめられない。」とのこと。辛すぎてとても真似はできません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブ−タン王国 その3 ブラスの響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる